Return to site

電磁波過敏症とは?

「何それ?」って方は結構多いように思います。

電磁波とは、電気と磁気の両方の性質をもつ「波」のことです。

電気の影響が及ぶ範囲を「電界(場)」といい、磁気の影響が及ぶ範囲を「磁界(場)」といいます。

電磁波とガンなどの健康被害の因果関係は、一部を除いて科学的には証明はされていませんが、40年以上前から海外で、電磁界の影響で小児白血病の発症率が増えるという研究結果が公表されています。国際癌研究機関は電磁場を「ヒトへの発がん性の可能性がある」と位置づけています。健康に明らかに悪いことが証明されているものには、紫外線、放射線のX線、γ線が含まれ、使える場所や浴びてよい線量が決まっています。

電磁波過敏症とは、電磁波が原因ではないかと推測される症状のことで、 頭痛、疲労、不眠、筋肉痛、動悸、目まい、吐き気、消化器症状など様々な症状を呈します。

明確な診断基準はなく、電磁波対策をして改善すれば、電磁波過敏症疑いと診断されますが、このような症状は、ほかの病気でも現れますので非常に確定診断が困難です。

電磁波を全く浴びずに生活するのは電気製品と電話が一切ない場所に行くしかなく、不便なので日本では非現実的かもしれません。

ただ、一つ言えるのは子供の携帯電話は子供には電磁波の問題を含め、首、骨の異常や不眠など様々な悪影響を及ぼすので、考慮すべきことだと感じています。

電磁波の体への影響はまだまだ研究途中ですが、その悪影響の可能性は高いと見られています。欧米では、高圧電線や発電所、変電所の近くには病院や学校を立ててはいけないという法律があるところもあります。

まずは、電化製品を体から離して使うことです。

1メートル離れるだけでも効果は弱まります。

電化製品を使っている間は近寄らない、アースを使うこと、何が電磁波をどれだけ出していてそこに長時間暴露する環境にいないことが大切です。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly