Return to site

アレルギーの原因の落とし穴 ③

<第一子はアレルギーになりやすい>

兄弟構成もまた、アレルギーの発症に影響を与えます。第一子がアレルギーになる確率は第一子以外の子どもと比較して1.3倍ほど高くなります。

みんながみんなではないですが、下の子どもになればなるほど、上の子供と比べたら、子育てに慣れて親は子をラフに子育てる傾向があると私は思います。

「そんな汚いものを口にいれたらだめじゃないの!」と子供を叱り、子供を汚い環境におくのをさけ、その結果、子供は菌の少ない環境で育ちます。

先進国は発展途上国よりもアレルギーは多いし、小さなときに保育園に行く子供は家にいる子供よりもアレルギーを起こしにくいといいます。

お互いに風邪をうつしあう保育園の環境も免疫力を育てるのには最適なのかもしれません。

ちなみに、免疫力が備わるような環境にいないとアレルギーは起こりやすいと考えられております。

面白いことに、真面目な人ほどアレルギーが発症しやすいとも言われています。

第一子は完璧思考の方が多いので、何事にも頑張りすぎて、

心理的ストレスの影響がアレルギーの形ででやすいのかもしれません。

今日の学びは、「アレルギーが起こりやすい家庭環境や性格がある」
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly