Return to site

アレルギーの原因の落とし穴 ④

<アトピー肌の方は、ふつうの水でも皮膚炎が増悪する>

アトピー肌とそうでない方の肌の違いは、前者の方が、皮膚のバリアが低下しており、たくさんの有害なものが皮膚のバリアをすり抜けて全身に広がるリスクが高いということにあります。
また、皮膚のバリアが正常の状態においては、塩素を含む普通の水はほぼ問題なしですが、皮膚のバリアが低下している場合には、低濃度の塩素であったとしても、どんどん皮膚から吸収されやすくなります。塩素が吸収されやすくなればなるほど、皮膚は傷つき、アトピー肌は悪化します。

加えて、皮膚炎があれば、かゆみや痛みでついついひっかきますが、ひっかけば掻くほど治りにくくなります。

 

通常、塩素水に触れるのは手洗いの時やシャワーや入浴の時かと思います
こういったところの塩素対策をされるアトピー肌の方は増えてきましたが、洗濯の水もまた、塩素水を使っていたりしますし、アトピー肌の原因となる物質が服に残留することもあります。しかしながら、実際の生活で、塩素水に触れずにいることは非常に難しいと考えられます。
不眠、ストレス、肥満、腸内環境整えるところ整えながらのアトピー対策が必須になってきます。

今日の学びは、「アトピー肌の方は、塩素水に注意」

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly