Return to site

アレルギーの原因の落とし穴 ①

花粉がどんどん飛び始める時期の落とし穴は花粉アレルギーです。

12月~1月は花粉は飛ぶ量は減りますので、とくにこの時期にアレルギーが改善する

人は必見ですが、花粉アレルギーがある場合は果物アレルギーもおこりやすいと言われています。

「花粉、食物アレルギー症候群」といって、花粉アレルギーになった人が原因となる花粉と関連する食品を食べた直後に唇、口、のどがいがいがしたり、腫れたりしてアレルギーを起こすことがあります。

これは、口周辺のアレルギー症状を起こすために「口腔アレルギー症候群」ともよばれます。

原因は、花粉症の原因物質と果物などの食べ物の成分がよく似ているがために、果物が体内にはいると、

免疫系が間違えて果物を異物(敵)と判断してアレルギーを起こします。

どの季節の果物と花粉が関連するのかは一度ネットで調べてみて下さい。 

問題は、花粉アレルギーがあるかたは複数の果物に対してアレルギーをもっていることが多く、花粉が良く飛ぶ時期に限って、花粉アレルギーも果物アレルギーもでるということになります。

果物アレルギーがある方は同時に関連する花粉対策もしないといけません。

すなわち、果物だけを避けてもアレルギーは改善しません

さらにいえば、その花粉対策、単に市販のマスクだけでは防げません。

 

多くの人は家に帰り、玄関に入るまえに玄関から離れたところで体の花粉を落としてはいるでしょうか?

空気清浄器を玄関においていますか?夜ではなくて、昼に換気していることもまた、花粉を家にいれていることになります。

家でもマスクする方はほとんどいないと思います。

ここではすべては書きませんが、未病対策は落とし穴がたくさんあります。奥が深いですね。

「アレルギー対策法はまず、花粉対策を学びましょう」

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly