Return to site

見落とされる病気~カフェイン中毒~疲れた時には水か珈琲かどちらが先か?

夏ばての季節がやってきました。そんな時、元気になるには、水?それとも珈琲?あなたはどちらに頼りますか? カフェインの方が効果を感じられますか?

ちなみにカフェインの効果は本当にたくさんあります。

 

代表的な効果は

・眠気や疲労を取り除き、考える力や集中力を高める。

・呼吸機能や運動機能を高める。

・低血圧を改善する。

・おしっこの出が良くなる(利尿効果)。

・胃液の分泌を多くして消化活動を助ける。

・二日酔いの頭痛を改善する。

・片頭痛を沈める。

 

ですが、カフェインの効果が持続する時間は、健康な人でたったの4時間から6時間で、必要なカフェイン量(約100mg~300mg)をとるのに必要な缶コーヒーは1~2本です。

 

夏ばてという言葉がありますが、どのタイプの夏ばてでもほとんどの場合は脱水が引き金になります。

従って、こんな時に珈琲ばかり飲んでいたら、利尿がかかるので、脱水がどんどんひどくなり、どんどん体調は悪くなるばかりでなく、カフェインが体内で過剰になり、カフェイン中毒になるというわけです。

 

カフェイン中毒になった場合にカフェインの効果を消す方法は『水を大量に飲む』こと。

水を大量に飲むことによって、体の中のカフェインを薄めて、さらに尿として早く体の外へ出します。以下、カフェイン中毒の症状です。

思い当たる方はまず水をしっかり飲んでから珈琲を飲んでください。

 

精神症状:落ち着きがない、緊張、多弁、不安、焦燥感、気分高揚、不眠。重症の場合は、妄想、幻覚、幻聴、パニック。

身体症状:胃痛、胸痛、吐き気、動悸、頻尿、不整脈、重症化すると、足がつるなどの痙攣、頭痛、赤ら顔など。

夏ばての季節がやってきました。そんな時、元気になるには、水?それとも珈琲?あなたはどちらに頼りますか? カフェインの方が効果を感じられますか?

ちなみにカフェインの効果は本当にたくさんあります。

代表的な効果は

・眠気や疲労を取り除き、考える力や集中力を高める。

・呼吸機能や運動機能を高める。

・低血圧を改善する。

・おしっこの出が良くなる(利尿効果)。

・胃液の分泌を多くして消化活動を助ける。

・二日酔いの頭痛を改善する。

・片頭痛を沈める。

ですが、カフェインの効果が持続する時間は、健康な人でたったの4時間から6時間で、必要なカフェイン量(約100mg~300mg)をとるのに必要な缶コーヒーは1~2本です。

夏ばてという言葉がありますが、どのタイプの夏ばてでもほとんどの場合は脱水が引き金になります。

従って、こんな時に珈琲ばかり飲んでいたら、利尿がかかるので、脱水がどんどんひどくなり、どんどん体調は悪くなるばかりでなく、カフェインが体内で過剰になり、カフェイン中毒になるというわけです。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly