Return to site

和食のメリットとデメリット

和食は健康にいいと言われていますが、問題は全くないのでしょうか?

 

和食は、動物性油はほとんど使用せず、魚や野菜をたくさん使うため、世界の他の国と比較したら肥満が予防できそうですが、和食にもデメリットはあります。

 

和食には、漬け物やみそ汁など塩分が多く含まれるのは有名ですが、それ以外にも、和食では、ごま油やサラダ油などω6脂肪酸と呼ばれるアレルギーや動脈硬化、心疾患のリスクとなるいわゆる悪い油を使用します。

 

また、血糖値があがりやすい米が主食であり、糖質が多いという問題点があります。

 

塩分、糖分、油の問題をクリアするのに、油を使用するのなら、オリーブ油をメインにする、炭水化物を減らし、野菜、果物、魚、豆類をメインとする、白米の代わりに雑穀米や玄米に変えるという工夫が最も理想的だと考えられます。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly