Return to site

「パン」対 「米」 対 「麺」 ダイエットにいいのは?

「パン」も「米」も「麺」もどちらも糖質ですが、食パン、うどん、白米での比較では、血糖があがりにくいのは「白米」です。

一般に血糖が上がりにくい方がダイエット効果が高いです。

 

するするすする麺と比べて、米はまだ、麺よりも嚙みますので満腹感を得られやすくなり、食べ過ぎにくいという特徴もあります。

 

もしどうしても麺を選択するのであれば冷麺、冷たいそばがお勧めです。

麺は熱いものほど吸収が早くなり、すぐにエネルギーになり、使用しない分は蓄積されます。

冷やされると消化できない分は便として排泄されます。

 

麺の種類でいえば、うどん、ラーメン、パスタ、そばの内、最もそばが血糖のあがりがゆるやかになります。

 

したがって、私はいつもどうしても糖質をとらないといけない場合には、玄米か冷たいざるそばを選択しております。血糖のあがりやすさ(GI値)を掲載しておきます。

GI値(血糖のあがりやすさ/高い方が血糖があがりやすく肥満になりやすい)

食パン 91 うどん 85 白米 81 ラーメン 73 ベーグル 71 パスタ 65 おかゆ (白米)57 玄米とそば 55

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly