Return to site

薬を飲んでも風邪は治らない

薬を飲む事で風邪は治る、あるいは早く治ると信じている方が多いと思いますが、はっきりいって間違いです。

市販の風邪薬や処方される風邪薬は症状は軽くしてくれますが、風邪の原因となるウィルスをやっつけてくれるわけではありません。

一部のウィルスをやっつける薬は存在しますが、基本的に風邪の原因となるウィルスの特攻薬はありません。

風邪薬の成分は風邪症状を軽くしますが、風邪薬が、むしろ風邪の回復を遅らせたり、悪化させたり、遷延させたりしている可能性はあります。

風邪症状(発熱や鼻水、下痢、咳、痰)はすべて、原因となるウィルスや菌を排出するための生理的な反応ですので、これを抑えすぎると(=風邪薬を必要以上に飲むと)治りが悪くなります。

風邪は自分の体の力で治るものですが、風邪薬がなんとかしてくれると思っていると(薬に依存している方は特に)知らないうちに余計に風邪をこじらしたり治りにくくしたりしている可能性があります。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly