Return to site

医師からみた二日酔いの予防法

ビールが欲しくなる季節ですが、誘惑をがんばって振り切っている今日この頃です。

 

さて、二日酔いの予防法については、医学的な根拠が乏しく、また、効能は個人差があって「一般にこれが効く!」というのはなかなかいいずらいのですが、誰でも簡単にできる万人共通の方法があります。

 

それは

① お酒の間に水を飲むこと

② 二日酔いにならないお酒を選ぶこと

です。

 

水を飲むことでおなかが張るなど水を飲むことに抵抗がある方でも、お酒は飲んだ後は必ず、飲んだ以上の水分が体外にでていく(=脱水になる)ので水が非常に飲みやすい状態にあります。

喉が渇いた時に、お酒ではなくて、お水を飲めば、水分摂取によりアルコール濃度も低下しやすく、尿も増えるので二日酔いは予防しやすくなります。

この方法の効果性は万人共通で、かつ非常に有効な方法です。

急性アルコール中毒になっても点滴したら勢い良く元気になりますのでそれと同じイメージです。

 

②のお酒を選ぶに際しては、醸造酒よりも蒸留酒、不純物の少ないお酒(赤ワインよりも白ワイン)、メタノールが少ないお酒(白ワイン、焼酎、ウォッカ、ジン、ラム、泡盛など)が二日酔いにはなりにくいです。

色がうすいものがいいイメージです。

同じお酒の内容でもメーカーが違えば酔い方も変わりますので是非自分にあったお酒を見つけてください。

値段が高いものは安いものよりも酔いにくいという一定の傾向はあるように感じます。

 

他に効果がある可能性が高いと感じているのは、蛋白質の摂取、トマトやブロッコリーなどの野菜、柿などのフルーツ、オリーブオイル、睡眠をとるなどの対策かと思います。蛋白質の摂取は昔からお酒のおつまみとして、冷や奴、枝豆、焼き鳥、刺身を食べていることが多いので、経験則からタンパク質を摂取したほうが良いと昔の人は知っていたのかもしれません。

二日酔いでは低血糖になることもあるので、炭水化物を食べておくのがよいという考え方もあります。

 

最も二日酔い予防に有効だと人が思っているのが、ウコンなどの肝機能UP系のドリンク、牛乳ですが、これは残念ながら非常に医学的根拠が乏しいし、有効性は本当かな?と感じております。

定期的に継続して飲んでいる場合は効果はある可能性はありますが、そもそも、ウコンをその場で飲んだからといってすぐに肝機能がUPするわけではないし、牛乳飲んでも胃の粘膜がはるわけでもないです。

 

ただし、医学的根拠が乏しくともないと否定できる根拠もないので、「効果があると感じる方はどうぞ」という位置づけかと思います。

まずは自分にあった二日酔い対策を知ることが大切です。神戸未病相談室はそんなお酒の効能のお話、お茶の効能のお話、水の効能のお話、栄養の話をセミナー形式で開催しています。

ビールが欲しくなる季節ですが、誘惑をがんばって振り切っている今日この頃です。

さて、二日酔いの予防法については、医学的な根拠が乏しく、また、効能は個人差があって「一般にこれが効く!」というのはなかなかいいずらいのですが、誰でも簡単にできる万人共通の方法があります。

それは

① お酒の間に水を飲むこと

② 二日酔いにならないお酒を選ぶこと

です。

水を飲むことでおなかが張るなど水を飲むことに抵抗がある方でも、お酒は飲んだ後は必ず、飲んだ以上の水分が体外にでていく(=脱水になる)ので水が非常に飲みやすい状態にあります。

喉が渇いた時に、お酒ではなくて、お水を飲めば、水分摂取によりアルコール濃度も低下しやすく、尿も増えるので二日酔いは予防しやすくなります。

この方法の効果性は万人共通で、かつ非常に有効な方法です。

急性アルコール中毒になっても点滴したら勢い良く元気になりますのでそれと同じイメージです。

②のお酒を選ぶに際しては、醸造酒よりも蒸留酒、不純物の少ないお酒(赤ワインよりも白ワイン)、メタノールが少ないお酒(白ワイン、焼酎、ウォッカ、ジン、ラム、泡盛など)が二日酔いにはなりにくいです。

色がうすいものがいいイメージです。

同じお酒の内容でもメーカーが違えば酔い方も変わりますので是非自分にあったお酒を見つけてください。

値段が高いものは安いものよりも酔いにくいという一定の傾向はあるように感じます。

他に効果がある可能性が高いと感じているのは、蛋白質の摂取、トマトやブロッコリーなどの野菜、柿などのフルーツ、オリーブオイル、睡眠をとるなどの対策かと思います。蛋白質の摂取は昔からお酒のおつまみとして、冷や奴、枝豆、焼き鳥、刺身を食べていることが多いので、経験則からタンパク質を摂取したほうが良いと昔の人は知っていたのかもしれません。

二日酔いでは低血糖になることもあるので、炭水化物を食べておくのがよいという考え方もあります。

最も二日酔い予防に有効だと人が思っているのが、ウコンなどの肝機能UP系のドリンク、牛乳ですが、これは残念ながら非常に医学的根拠が乏しいし、有効性は本当かな?と感じております。

定期的に継続して飲んでいる場合は効果はある可能性はありますが、そもそも、ウコンをその場で飲んだからといってすぐに肝機能がUPするわけではないし、牛乳飲んでも胃の粘膜がはるわけでもないです。

ただし、医学的根拠が乏しくともないと否定できる根拠もないので、「効果があると感じる方はどうぞ」という位置づけかと思います。

まずは自分にあった二日酔い対策を知ることが大切です。神戸未病相談室はそんなお酒の効能のお話、お茶の効能のお話、水の効能のお話、栄養の話をセミナー形式で開催しています。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly