Return to site

男性は理屈で、女性は感情で動く

「このテーマ未病と関係あるの?」→「あります。なぜならこれがわかっていないと余計なストレスを感じることになるからです」

男性なら、「女性はなんで感情で動くのだろう」

女性なら、「男性はなんで理屈っぽいんだろう」と不満を感じたことは誰でもあると思います。

この真逆の思考、感情、行動は男女間の脳の仕組みの差で決まります。

女性の場合は「言葉を操る」左脳と「感じる」右脳をつなぐケーブルの働きがある脳梁が広く、一度の多くの情報をやりとりできるブロードバンド脳を持っています。

そのため、情報量が多すぎると決断が遅くなるとか、情報が入りすぎて色んなことが気になって注意散漫になりがちなのが問題になります。

男性の場合は、脳梁が狭いいわゆるアナログ脳ですが、一度にたくさん仕事を処理できなくても集中力があり、細かい部分に目がいきにくい分、物事の本質をつかみやすいということがあります。特に右脳が発達している分、空間分解能もあります。

感性も理性も両方バランスよく使いこなせる人は少なく、理屈っぽいか(論理的か)、感覚的かどちらかに偏る傾向が多いと思います。

自分の価値観で判断するのではなく、共感能力を養うことはストレス対応には必要です。

また、男女の違いが分かっていれば夫婦間や同じ職場の対人関係に伴うストレスは減ります。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly