Return to site

 健康のプロは医師ではなく自分?

 

 

最も大切なところですが、非常にわかりにくいところでもあります。

 

例えば、病気になれば、多くの人は医師のお世話になります。

医師は「治療」のプロですから、きちっと「治療」をしてくれます。

早期癌であれば外科医は「切除」してくれます。

 

さて、ここで考えていただきたいのは、病気は原因が必ずあります。

その原因は「治療」によって除かれるのかどうか?と考えたとき、ほとんどの病気の原因は治療によっても除かれないことは、簡単に気づくと思います。

 

その結果、病気を切除しても再発したり、慢性病がいつまでも治らなかったり、そうしながら、臓器は衰え、薬なしでいつのまにか生活ができなくなるというわけです。

 

日本では、薬の信用が非常に高く、病気になったら薬があるというように国民の多くが信じているがあまり、病気の原因へのアプローチや予防に関してはなかなか注目されていない、そう私は感じています。

 

例えば、生活習慣の乱れで不治の病に人がなった時、「まさか自分がなるとは思わなかった。」と言うことが多いです。

症状に気づいていて、悪化しないように気を付けないととは思ってはいるけれど、いつ、何をしたらいいかわからない。

教えてくれる人もいない。

そんな人に自分の体の状態を知っていただき、「病気になる前の早い段階で気付いて予防しよう」という予防意識を向上させることがとても大切なことだと思います。神戸未病相談室はセミナーを通して、気づきを増していただくことを理念に掲げております。

 

さて、どのように病気あるいはその前段階の未病を予防し健康になれるのか?

その答えについては、「治療」のプロである医師はその答えをほとんど持ち合わせておりません。医師は「病気」を治すプロであっても、「健康」のプロではないのです。健康のプロは誰か?となるとそれは自分自身しかないのです。

 

では「どうやって予防するのか?」その答えをセミナーを通して見つけてみませんか?

 

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly