• 話をよく聞いてくれて信頼感が持てる(気軽に話せる)
  • 相性がよく共感できるタイプである
  • 素直である
  • 検査する前に病歴、家族歴などをじっくり聞いてくれる
  • 検査の目的を説明してくれる
  • 治療法の選択を提示してくれる
  • 生活習慣の改善点や改善方法を具体的に教えてくれる
  • 検査異常があっても不安をあおらない
  • 安心感を与えてくれる
  • データに頼りすぎず患部もきちんと診てくれる
  • わかりやすい言葉できちんと説明してくれる
  • 患者さんの言いなりにならないが、患者さんも言いたいことをいえる。
  • 勉強熱心で情報収集に努めている
  • 診断がつかないときは「わからない」と言える。
  • わからないことは次回の外来に調べてわかったことを患者さんに説明してくれる。
  • 必要な時に速やかに専門医や他の医療関係者に紹介してくれる
  • 万一の場合の緊急時対応について指示してくれる

多くの方は、医者ならばだれでも同じ、あるいは、病める者の弱味からか、無条件に医者を信じてしまう傾向がありますが、信頼関係の構築には時間がかかります。相手の知識、技術の程度、人間性などをそれとなく観察してみましょう。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly